善通山 宝満寺 善い行いを通じて
心の宝が満たされる寺
日蓮宗 善通山 宝満寺
南無妙法蓮華経と唱えて幸せになりましょう
法  話 お 経 (妙法蓮華経)
宝満寺について 年間行事 交通案内 住職あいさつ 檀信徒の皆様へ よくある質問
宝満寺トップ 悩みごと・相談事・福祉関係リンク 日蓮宗関係リンク 問い合わせ
 住職あいさつ
 
 住職の佐久間龍豊です。

 平成14年に日蓮宗より任命され、第二十六世住職に就任しました。

 現在40代、僧侶歴二十数年ですが、まだまだ修行が足りません。これからも修行に励み、正法による世界平和、そして、皆様が幸せになれるよう功徳を積んでまいります。

 また、体格のように心も大きくなれるよう精進してまいります。

 人付き合い・会話をすることが苦手(僧侶として失格?)ですが、親身に相談ごとに応談します。気軽にご相談下さい。
 

 悩みごと相談で、経験上アドバイスしやすい項目
 ・子育てに悩んでいる
 ・人生について悩んでいる
 ・人間関係で悩んでいる
 ・借金に苦しんでいる

 悩みごとの相談はメールください。
 

住 職
 ・お釈迦様は、この世は皆が幸せに暮らせる世の中である。と述べられています。
 ・人間の欲により、今、世界は危機に瀕しています。
 ・自らのことばかり考え、人を思いやる気持ちを忘れたため、苦しみが生じます。
 ・皆が幸せに暮らせる世の中を目指して布教活動してまいります。



・善い行いを通じて心の宝が満たされる寺・・・善通山 宝満寺

・善い行い・・・南無妙法蓮華経と唱えること。お釈迦様の教えに従って生活すること。
・心の宝・・・・・南無妙法蓮華経の良薬により、お釈迦様と同じ仏と成り、永遠なる安心を得ること。

 日蓮聖人は、崇峻天皇御書に、
「蔵の財よりも身の財すぐれたり。身の(たから)より心の財第一なり。」
 と述べられています。

・物欲は満足する心がなければ欲求が続き、心は満たされず苦しみが続きます。

・病気であっても病気を克服する心があれば、抵抗力が発揮され病気は回復へと向かいます。前向きな心が安心へとつながります。

・たとえ病気やケガで身体の苦しみが有ったとしても、南無妙法蓮華経の良薬を唱えることにより、苦しみが和らぎ安心を得られます。心の宝は南無妙法蓮華経より生じます。